誹謗中傷の対策をして被害に合わないようにする

誹謗中傷ってどんなの

誹謗中傷とは本来は誹謗と中傷は別の言葉で、誹謗は根拠のない悪口で他人を誹たり名誉を汚したり貶める事で、中傷は根拠がない嫌がらせの事を言うので合わせると根拠のない悪口などの嫌がらせの事です。誹謗中傷は犯罪であり、名誉棄損罪や侮辱罪や信用棄損罪等に問われる事もあります。誹謗中傷に当たるかどうかは、書かれた事が事実であるかによって分かれます。ネット上で不特定多数の人に見られている状態であれば、公然と成立します。

誹謗中傷は身近にある

犯罪の相談件数で一番多いのが詐欺と悪質商法で、次に多いのが名誉棄損と誹謗中傷です。これはインターネットでの誹謗中傷が、あなたの近くまで来ている事を表しています。多くの人や企業が、事実上泣き寝入り状態になっているのが現状です。調べた結果では、受理件数より被害件数では誹謗中傷の方が多くなっていると考えられます。被害を防ぐサービスは開始されていて、著名人や企業などの需要も見込まれています。手続きが難しいが、対策は進んでいます。

誹謗中傷対策をしよう

書き込まれた誹謗中傷を、管理者に依頼する事で削除してもらう事です。誹謗中傷の書かれたサイトを上位に、表示出来ないようにする方法があります。対象となる関連検索ワードを削除して、検索した時に表示がされないようにする方法もあって悪質の場合は書き込んだ人を特定して刑事告訴などを起こす事も出来ます。自社で行うのは大変なので、専門業者に依頼すると対策をしてくれます。実際に被害を受けてからでは遅くなるので、起こる前に依頼をしておくと良いです。

2ちゃんねるのような匿名で書き込みができる掲示板では、個人や企業などに対する誹謗中傷が書き込まれていることがあります。そういった2ちゃんねる削除は、弁護士に相談すると良いでしょう。