気をつけて行動したい!?ネット誹謗中傷の対策

使い方次第でダメージも

ネット誹謗中傷というのは文字通りネット上で発生する誹謗中傷のことです。大抵は掲示板、SNSなど、サイトを通じて発生しますね。個人名が出ない限りはダメージを受けることは少ないはずです。しかし今の時代、個人名がさらされたり、いわれのない表現で対象を追い込むといったユーザーもいるため注意したいところですね。またサイト内コンテンツの使い方次第でも受けるダメージが変わってくるものです。安易な発言、個人情報の公開は避けましょう。

対策もしておきたい時代

ネットに公開された情報は削除したり、目に付きにくいように対策することが可能です。個人でもサイトの管理者に問い合わせて対処してもらったり、誹謗中傷対策を専門とするプロに任せることで対応してくれるといったことがあります。どういったケースも早めに行動した方が人の目には付きにくいです。なので見つけたら即対処するぐらいの感覚で動きましょう。誰が誹謗中傷となる情報を流しているのか、特定することも対策になり得ます。

慰謝料の請求も可能?

過去にネット誹謗中傷で慰謝料を請求したケースもあります。とはいえたやすく出来ることではないので、証拠となる情報を収集するなど工夫が必要ですね。後は法律事務所へ訪問して対処を仰いだり、相談して対策を練るなど工夫していきましょう。どういった場合も被害を縮小させることが重要となります。慰謝料請求以外の解決策も練っておいたほうが得策と言えるでしょうね。もちろん風評被害対策などの業者でも相談を受けつけていますよ。

逆SEOとは、「Reserve Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、ネットで検索したときにある特定の企業を検索結果の下位に表示させることです。