リーダー育成の研修に必要な研修とは?リーダーとしての差が現れてくる虎の巻!

パーソナリティスペースを意識する研修

人には、身知らずの人とトラブルを避けるために、パーソナリティスペースと呼ばれる距離間を保とうとする心理作用が働く事がありますよ。この距離は、腕を伸ばした距離と言われ、見知らぬ他人であればあるほど距離を長く保つ心理作用が働きやすくなります。リーダーとは、信頼できる仲間である事を仲間に示さなければなりませんよね。下の部下などに話を投げかける場合は、信頼し合えるシグナルとして手の届く範囲内で話しかける事もポイントです。ただし、あまり近すぎる距離間は、仲間に威圧感を与えてしまいかねません。リーダーとして人材を育成する場合は、この距離間をコントロール出来る研修も大切ですよね。

精神力を鍛える研修も大切の一つ

リーダー育成を行う場合は、仕事上での仕事が出来るノウハウについて意識が高まってしまう事もありますよね。仕事が出来る事を示す事も大切ですが、精神力を鍛えて行く事も大切ですよ。リーダーとして部下の失敗をかばわなければならない事もあるためです。リーダーが逃げていれば、リーダーとして信頼を失ってしまう可能性も高まってしまいますよね。弱々しいリーダーからの言葉には、言葉の重みを与える事が出来ません。研修の一貫として、滝行などを取り入れてみるのもお勧めです。

リーダーとして効果を高める観察力を高める研修

リーダーとして活動して行くためには、様々な事に意識を配るための観察力を身に付けて行く事も大切です。リーダーとしての部下を意識する事によって、意識されている思いがお互いの絆を強めて行く事もありますよね。リーダーとは、組織としての目でもあり、様々な事に目を配るノウハウが信頼を高める事にも繋がります。自身に興味は無くても、仲間の興味を知る事によって、コミュニケーションの幅を広げて行く事も出来ますよね。リーダーとは、司令塔の様な役割でもあり、一人一人の仲間を自身の一部として感じて行く事も大切ですよ。

新入社員の社内教育や、定期的な催しで社員研修が行われる会社では、普段の業務に顕れない社内での協調性などをチェックしている場合があります。レクリエーションなどの団体行動でも、常識的な行動は必要です。