初めてポスターを作成?!気をつけるポイント3選!

著作権を守るようにしよう!

初めてポスターを制作する場合、著作権について知り、守らなければいけません。インターネット上で画像や写真などを簡単に取得できるのですが、著作権フリーのものと著作権があるものが存在しているのです。インターネット上にあげられている画像や写真を使えば、見栄えの良いポスターが出来上がりますが、著作権違反になってまうため、気をつけなければいけません。使おうとしている画像や写真の著作権について調べてから使用するようにしましょう。

印刷のルールを守る?!

ポスターの印刷をする際に、気をつけなければいけないことがあります。印刷の設定が、CMYKになっていなければならないのです。RGBなどを使用している場合、印刷した時に、デザインした色と全く違う色になってしまうことがあるのです。印刷する時の設定は、CMYKに設定することが必需だということを知っておきましょう。また、大量に印刷してから気づいてしまうと、時間も紙も無駄になってしまうため、印刷前に、念のため確認した方が良いでしょう。

トンボが設定されているか?!

きちんとトンボの設定がされているかどうかを確認しましょう。ポスターの印刷をする際に、しっかりとフチで印刷できない事が多いのです。すべて印刷してから、ポスターのデザインが見切れてしまっていれば、すべて破棄しなければいけなくなってしまうでしょう。そのような問題を避けるためにも、トンボを設定することが大切です。また、自分での印刷に自信が無い場合は、デザインまでを自分で行い、印刷は印刷のプロである専門の業者に頼むという方法もあります。

格安コピー印刷はコピー機を使用した安価な印刷方法です。また、品質を落とした用紙やインクを使用してコストを抑えているので、少部数の書類や使い捨てのチラシの作成に適しています。