ホームページを誰にもマネできないオシャレなものにする3つの方法

ホームページカラーにこだわる

オシャレなホームページを作るためには、更新している記事内容に合う色を施すと良いでしょう。ただし、濃い色の使用と多色は避けなければなりません。濃い色を使った場合、訪問者にストレスを与えることになります。多色であれば目がチカチカし、また訪問したいとは思われにくいです。これではオシャレどころではないので注意しましょう。だから、薄い色を2か3色ほど利用すると良いです。薄い色であるだけでもオシャレさを感じさせる効果を持ち、それを少ない数に留めておくと、色の主張を抑えることもできます。

文章自体に工夫を施すとオシャレになる

ホームページのメインである文章を、他とは違う表現をすると、それだけオシャレさを感じさせることができます。例えば、書体を変える、文字を太くする、文字の大きさを変えるなどが可能です。これも利用しすぎると読みづらい印象を与えるので注意しましょう。さらに、文章を空行を使って区分けし、3から4行の塊として見せると良いでしょう。読みやすい上に長文効果をもたらし、物珍しさを感じさせることにも繋がります。オシャレとは、初期設定とは区別するだけで効果てきなので、文章を工夫してみましょう。

オシャレだと感じるホームページを参考にする

自分がオシャレだと思うホームページを参考にすると良いでしょう。何をどう工夫するか迷ったとき、他のホームページをマネするのではなく、参考にすることで、自分ができる幅を広げることができます。例えば、初期設定されてるホームページ内のリンク配置をほんの少しだけ変更し、その見せ方を変えることができるようになります。あるいは、写真の見せ方を工夫することができるようになります。勉強しなければオシャレ要素は分からないので、より多くのホームページを参考にしましょう。

ホームページ制作の方法はさまざまです。自分で作る以外にも代行サービスを利用することで安価で質の高いホームページを作ることができます。